薬剤師の転職について

薬剤師転職

薬剤師転職

薬剤師は女性の割合が多いということもあり、転職が多いです。

転職先としては、調剤薬局や病院やドラックストアです。

調剤薬局では、医療機関の処方箋を調合したります。

調剤薬局はいたるところにありますので、いつでもどこでも働くことができ、育児が終わってもすぐに復帰できる状態です。

またドラッグストアも多いです。

多くのドラッグストアでは調剤はおこなっていませんが、一般用医薬品の販売などをおこなっているため、今までの経験や知識を活かせる場でもあります。

ドラッグストアは深夜時間帯のあるところもあり、特にパート勤務だと日常生活の時間帯に応じて勤務することができるため、臨機応変に勤務できるところもメリットであります。

このように多くは調剤薬局やドラッグストアといったところですが、病院勤務あります。

ただし病院勤務になると激務ということと、調剤薬局やドラッグストアからすると給料が安いという観点から勤務する人はそれほど多くないです。

薬剤師の資格があれば、メーカーや大学、研究所といったところに転職することもありますが、非常に少ないです。

学位の資格が必要な場合がありますので、転職者は少ないです。

10年近く前から薬学部が6年生になったことを受けて、学位をもっている薬剤師が大学に転職することが一時的に多くありました。

大学としては、教員を募集していたため、そのような事態が生じたのです。

今までの研究の知識や技術を大学で活かしてみたいといった理由からです。

大学は研究と教育の両面の場ですので、研究をしながら学生さんに講義するといった形式に初体験者は戸惑いを隠せません。

それくらい仕事場を替えるということは覚悟も必要になってくるのです。

逆に、大学で研究をしていた人が薬局や病院に仕事を替えるといった事例も少なくありません。

薬剤師という道はいろいろな道があります。

病院、調剤薬局、行政、ドラッグストア、研究所、大学、メーカー、問屋といったものです。

いろいろな道を経験するのもいいかもしれません。捉え方は人それぞれですので、どこが良いとか悪いとかはなんとも言えません。

自分の考えで自分らしい生き方をするのがベストなのであって、人に意見はあくまでも参考程度にとどめてください。

転機はつでもやってきてチャンスはいつでも掴めることができます。

それらは、自らの考えと生き方を精進している人だけにやってくる貴重なものです。

人は人です。

まずは自分の生き方を信じることです。