未経験で転職できる薬剤師の仕事とは

未経験で転職できる薬剤師の仕事とは

薬剤師は様々な業務を選ぶことができるので、転職を考える人も多いものです。

もちろんそれなりの経験と知識を積み上げていくことは必要なので、調剤薬局で必要なスキルを身につけた上で異なる業種に転職するケースも多く見られます。

例えば人気があるのがドラッグストアです。

扱うのは市販薬やサプリメントですが、その種類は多く、さらに数は増えつづけています。

それらを常にチェックし効能や副作用などを頭に入れつつお客の症状に合わせて薬を選ぶことも行うことになります。

さらにドラッグストアの場合には、店舗運営という要素も持つことになります。

商品のラインナップの選別や在庫管理を行い、さらには展示の仕方などを工夫するなど売り上げを増やすことも仕事となります。

薬に関する知識とともに店舗運営に関するノウハウも必要となります。

これは調剤薬局に勤めている頃には行うことのなかった、全くの未経験の業務となります。

薬剤師が転職を考える理由のひとつとして、やり甲斐のある仕事を求めるというものがあります。

やがては店舗の責任者や店長となることで、収入もそれなりに増えることになります。

あるいは狭い空間の中で調剤作業を行うことにどうしても慣れることができず、MRを目指す人も多いものです。

こちらも未経験となる営業色の強い仕事となります。

病院の先生とコンタクトをとって、薬剤の情報を得たり新薬を勧めたりすることになります。

臨床試験を終えて世に出た薬にも、まだ未知数のリスクや効能があるものです。

そのような情報を現場で処方している医師から仕入れることになるわけです。

とはいえなかなかそのような情報は手に入らないものです。

特に副作用に関しては処方している都合上表面には出にくいものとなります。

それをどのようにして聞き出すかがポイントとなるわけです。

このようなスキルもまた、一般の薬剤師はほとんど未経験となるものです。

しかも転職したばかりの頃は、そのような異業種となると収入も一時的に下がることがほとんどです。

しかも成果と収入がリンクするケースが多いので、いくら懸命に働いたとしても確実に収入に結びつくとは限らないわけです。

それでも新たな新天地を求める人が多いのは、収入が増えるのももちろんですが、大きなやり甲斐を得られることが理由となります。

そのためにはある程度の経験値を積む必要はありますし、かといって年齢が高くなると転職それだけ難しくなるので、その兼ね合いをどこに定めるのかも大きなポイントとなります。