大手の調剤薬局チェーンでは求人ニーズが旺盛

pl-2014227410712

日本では中小の調剤薬局を大手チェーンが買収をするという流れが強まっています。

中小の調剤薬局は経営者が高齢化してきていたり、多くの薬を揃えておくには経費が掛かりすぎるなどの問題を抱えているために、大手へ売却するところが増えています。

その結果として大手のチェーン店では全体の店舗数が多くなり、新たに薬剤師の求人をする必要性が出ています。

しかし、現在の薬剤師の求人市場は、各種の病院の他にドラッグストアといったチェーンでのニーズが高まり、採用競争が激化している状況があります。

そうした環境で大手の調剤薬局チェーンでは大学の薬学部に採用担当者が赴いて説明を行ったりするなど、薬剤師の採用活動を強化して対応をしています。

また、大手チェーンでは就職した後の福利厚生の充実をアピールしたり、給料面でも好条件を提示するところも少なくありません。

そのような努力の結果、大手チェーンでは店舗の増加に見合った人員を確保することが何とかできています。

しかし、大手チェーンでは、まだまだ人材が不足しているのが実状となっています。

近年で大手の調剤薬局チェーンでは、病院の近くの門前薬局以外の業態を増やす流れがあるからです。

チェーン店によってはコンビニや家電量販店の併設店を多く出店したり、駅ナカや駅前に店舗を構えるところも出ています。

そのような門前薬局以外の業態では、ビジネスマンや主婦などの新たな需要に応えようとしています。

今後も大手のチェーンでは、新業態の店舗を増やしていく予定となっています。

門前薬局以外の新業態の店舗には新たに薬剤師が必要となるため、大手のチェーンでは薬剤師の求人ニーズは依然として高いものがあります。

また、ここ数年では大手チェーンがショッピングモールの中に、医療モールを建設する流れが出ています。

医療モールには複数の診察科が入居することになり、買い物帰りの客などの多くの患者を集めることが可能となっています。

その医療モール内に大手チェーンでは自社の調剤薬局を設けることで、新たな収益源を確保することに繋げようとしています。

よって、医療モールにおいても薬剤師の求人ニーズは高いです。

さらに大手のチェーンでは、将来を見据えて在宅医療を増やす計画が立てられています。

在宅医療では医師や看護師、薬剤師がチームを組んで医療行為をすることになってきます。

在宅医療のための薬剤師は各自の自宅を訪問して、薬の処方をすることになります。

今後、高齢化社会が進むと在宅医療が増えることになり、専門性の高い薬剤師の求人ニーズはますます高まっていくことが予想されます。