在宅業務に転職したい薬剤師の方へ

a0001_014940

理系の中の化学系の学部のうち、薬学部を卒業した後に取得できる薬剤師はもっとも役に立つ資格の一つと言えるでしょう。

新薬の基礎研究や開発を積極的に行っているような大手製薬メーカーの研究開発職に就職したいと考えているならば、薬学部出身でないと、まず、採用してもらうことは難しいと考えて間違いないでしょう。

また、投与薬や服用薬を患者に与えるような病棟体制が整っている病院でも薬剤師は必要とされております。

さらに、調剤薬局、処方箋薬局や医薬品を取り扱うドラッグストアでも薬剤師の設置は必須となっています。

このように、薬学部出身者は就職する際に大変有利で、就職にほとんど困ることがないと言っても過言ではないでしょう。

また、薬学部出身であれば、転職する場合でも大変有利となります。例えば、新薬の開発を行うような大手製薬メーカーで研究開発職としての職務履歴があれば、中規模の製薬メーカーへの転職も有利となります。

さらに、大学卒業後に、新卒採用で就職した企業を、結婚や妊娠、出産などを機に退職し、子育てに一段落ついたころに再就職したいと考えた場合でも資格があるため、再就職先に困らないことでしょう。

調剤薬局や処方箋薬局でも求人はありますし、医薬品を取り扱っているドラッグストアでも求人はあります。

さらに、病院内で薬を処方する病院でも求人があり、ニーズの高い資格となっています。

このように、薬学部出身であれば、就職、転職には困らないでしょう。

さらに、薬剤師は在宅業務を行うことが可能です。

近年、化粧品の市場業界に他業種のメーカーが参入しているケースが多く見られます。

これは、2005年に改正された「薬事法」によって規制緩和が行われ「化粧品の製造販売業」制度が設けられました。

つまり、自社ブランドで化粧品を販売したい場合、製造場所となる工場をもっていなくても「製造販売業」という許可を得ていれば化粧品を販売することができるようになったのです。

この「製造販売業」の業許可を得たい場合、設備の要件はありませんので、自宅で「製造販売業」の業許可を得ることも可能です。

このとき、もうひとつ必要となってくるのが「製造販売業」に関する責任者となる「総括製造販売責任者」の設置となります。

薬剤師であれば、「総括製造販売責任者」になることができます。

このように、自宅で化粧品の「製造販売業」の許可を取得し、自分が「総括製造販売責任者」となれば、在宅業務で化粧品を製造販売することができるのです。

このように、薬学部出身の場合、在宅業務の仕事も可能となるのです。