病院で働く薬剤師の仕事内容

a0002_006102

病院で働く薬剤師には様々な仕事があります。

最も代表的なものは調剤と服薬指導です。

まずは調剤についてですが、患者さん一人一人の症状にあった薬を作っていきます。

他の薬との飲み合わせや副作用、量、飲み方などを事前にチェックしておき、それに応じて調剤を行います。

必要に応じてその病院独自の薬を調剤することもあります。

次に服薬指導についてですが、患者さんに対して処方した薬を正しく使ってもらえるように薬の効果や使い方、注意点などをしっかりと説明していきます。

患者さんから要望があればそれを聞いてできるだけ反映するようにします。

病院を訪れる患者さんは自分の病気に対して不安を抱いている場合が非常に多いので、患者さんの不安を取り除いてあげるような説明をすることが大切になってきます。

代表的なものはこの2つですが、薬剤師には他にもたくさんの仕事があります。

まずは、患者さんの薬歴の管理です。

もしも患者さんが複数の病院に通っている場合は薬の飲み合わせによっては症状が悪化してしまうケースがあります。

そのため、事前に患者さんが処方されている薬の情報などをしっかりとデータにまとめておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

また、注射薬の調剤も薬剤師の仕事の一つです。

処方箋の内容に従って、投与する薬の量や期間をチェックして調剤を行ってきます。

薬の効果を落としてしまわないためにも無菌室で丁寧に調剤することが必要です。

病院内にある医薬品の管理もしっかりと行う必要があります。

医薬品の購入と保管、さらには各部署への供給の管理もします。

薬によっては温度や光などによって効果が薄れてしまうものもあるので、それぞれの医薬品にあった保管方法をしっかりと学んでおく必要があります。

血液を原料とした医薬品に関しては、使用した患者さんの情報や投与した量などをしっかりと記録し管理しておかなければなりません。

最近では医学が進歩し、様々な新しい薬が生み出されています。

そういった、新薬の情報をしっかりと学んで、医師や看護師の方に情報を共有していくことも薬剤師の大切な仕事です。

今までにあった薬の情報だけでなく、どんどん新しい薬の情報を学ぶ必要があるため、毎日が勉強になります。

患者さん一人一人にあった薬をしっかりと調剤し、もっとも安全な形で薬を処方することが大切になってきます。

この他にも勤務する場所に応じて様々な仕事が与えられることがあります。