病院で働く薬剤師の仕事内容とは?

a0001_014063

薬剤師の仕事は、調剤と患者への医薬品の供給が主な仕事となります。

この職業に就くためには、6年間薬学部にて教育を受け、国家試験を受け資格を取得する必要があります。

はれて、資格を取得すると厚生労働大臣よりライセンスが与えられます。

業務としては、調剤薬局、ドラッグストア、漢方薬局、病院、医薬品会社、医薬品卸売業、教育機関など様々なところがあります。

一般的に多いのが病院やドラッグストアに調剤薬局でしょう。

近年、増えつつある、民間病院の医薬分業化で、投薬を外注化する民間の病院が多くなりました。

個人のクリニックから大手民間医療機関まで、医薬分業となっているところは多いでしょう。

この場合、それらの医療機関と連携を図り、病院側から指示された医薬品等を医師の処方箋を元に患者に手渡します。

ある意味、仕事内容は医薬分業でない院内処方の医療機関と仕事内容は一緒とも言えます。

ただ、個人でクリニック経営をしているところでは、専門外来であることが多く循環器、消化器、耳鼻咽喉、整形、泌尿器、などの科として分かれており、糖尿病などに特化した医院もあるでしょう。

大手の医療機関で総合的な診療科を持つ医療機関では、救急外来、一般外来、入院患者、手術、リハビリなど様々な仕事を行います。

ここで働く薬剤師は、個人のクリニックや調剤薬局などで働く人とは、多少差があります。

仕事内容で言えば、取り扱う薬剤が多くなるのと、対応する患者数や労働時間内の忙しさや緊張感などが違います。

院内で働く薬剤師は基本的に、医師の指示した処方で調剤を行います。

働く医療機関の規模や専門的な科目により様々な仕事内容となるでしょう。

大手医療機関では、ものすごい量の薬物が処方されるため、間違いは絶対に許されません。

そのため、調剤室では、数多くの薬剤師が働いており、何度もチェックが行われ、患者の元に薬剤が手渡されるまで確認事項を怠りません。

大手医療機関で働く場合、働くセクションごとに与えられた仕事のみをこなします。

しかし、ドラッグストアや個人クリニック及び医薬分業の調剤薬局では、売り上げ管理や接客(接遇)等の対応、その他の雑用なども仕事となります。

仕事内容においては、薬剤の仕事に徹することが出来るのは大手の医療機関で院内処方を行う薬剤師が良いのかもしれません。

国公立の医療機関であれば、公務員としての扱いとなるので給与、福利厚生面でもメリットが高いと言えます。