病棟薬剤師の仕事内容と転職について

病棟薬剤師

病棟薬剤師


病棟薬剤師の仕事内容としては、院内患者への薬調合です。

入院患者さんも毎日薬を必要としますので、その薬の調合があります。

注射の準備もあります。

点滴などをするために注射薬の準備もします。

そして入院患者への服薬指導があります。

この服薬指導が、病棟薬剤師のメインなものとなります。

服薬指導とは、薬の飲み方や副作用発現や日常生活における薬とのかかわりについて説明いていきます。

また院内における医師や看護師などから薬についての問い合わせに応じる必要があります。

最近では残薬チェックといって、患者さんが飲み忘れた薬をチェックすることで、再利用するためにチェックします。

中身の状態がだいじょうぶであるのか、保管状況に問題がなか、といったことです。

また入院患者さんが他の病院でもらっていた薬があった場合、薬の照合をおこないます。

そうすることで重複などを避けます。

このように病棟薬剤師の仕事内容は多岐にわたっていますので、かなりハードです。

肉体的にも精神的にも体力を必要とします。

また医師や看護師らとのコミニュケーションが大切ですので、そのような能力も問われます。

このようにハーな面もあってか、病院勤務から転職する薬剤師が少なくないです。

転職先として、調剤薬局やドラッグストアがありあります。

調剤薬局の方が人気があります。

一般的にみて報酬の面では調剤薬局がいいですし、仕事内容についてもそこまでハードではないです。

しかし薬を投薬したり、患者さんに薬の飲み方を説明したりする点では同じですので、精神的な面ではほぼ同じです。

ドラッグストアのほとんどは処方せんを扱うことがなく、一般用医薬品を販売することがメインになります。

一般用医薬品といっても患者さんの体調や副作用発現などについて知っておく必要があるので、今までの知識が必要になります。

ドラッグストアではこのように販売が目的ですが、薬などの整理や店頭販売の準備といった肉体的な面を必要とします。

いずれにしても薬といった物がその人にあっているのか、日常生活において使用するさい問題ないのか、といったことを知っておく必要性がありますので、多くの薬についての予備知識が必要になります。

人と人との対面になりますので、コミュニケーション能力も必要です。

自分にあった転職をすることは大いに結構です。

環境などがかわることでストレスもあるかもしれませんが、自分の能力をいかに発揮できるかがポイントになります。