公立と民間の病院で薬剤師の給料はどちらがよいのか?

a0002_006859

薬剤師の仕事で就職希望先として病院やドラッグストアなどがあります。

とくに就職先としては大病院の薬剤師が人気が高いです。

ドラッグストアなどで働く場合、企業(店舗)ごとに給料が違いますが、初任給としては調剤を行う薬局であれば、病院よりも高い傾向が見られます。

ただ、国公立などの病院の場合、ここで働く人は(派遣労働者以外)すべて公務員となるため、長期で安定した雇用が確立されています。

仕事内容においては、ドラッグストアの店舗で働く薬剤師の場合、販売や消費者への説明、クレーム対応、営業、販促、店舗内での掃除や雑用など、経営にかかわる様々なことに取り組む必要があります。

一方、大手医療機関であれば、薬剤の取り扱いのみに徹し、他の作業はほとんど無いでしょう。

また、薬の処方では大手医療機関では、非常に大人数のスタッフにより、患者に薬が手渡されるまでのチェックが何回も行われるため、間違いなく作業が行われるでしょう。

しかも、国公立病院であれば、定期昇給があり、勤務年数が一定以上になると民間が経営する医療機関やドラッグストアなどよりも給料が高くなる傾向が見られます。

さらに、一番差が出るのが、定年を迎えるときの退職金であり、初任給で給料が低いのも、退職金を含める諸々の掛け金が引かれていたことなどがあり、定年を迎えるころの役職などによっても違いますが、退職金が1500万円から2000万円受け取ることができるので、ここで大きな差が出ます。

また、年金に関しても厚生年金ではなく共済年金として受給され、公費で賄われるため安定していると言えるでしょう。

公立の医療機関であれば、定年前の数年から退職、その後と大きな差が出るでしょう。

民間企業は、業績により雇用が確立されているため、収益に給与が左右されます。

給与はある一定の年齢までは上がるでしょうが、頭打ちとなることがあり、当然、経営悪化となると給与にも大きく影響してきます。

トータル的に見て公立の医療機関で働くことのメリットが高いと言えますが、当然、公務員試験や採用枠といった高いハードルもあります。

ドラッグストアでも上場大手であれば、給料が高いところもあるでしょう。

転職により好条件であれば、職場を変わるのも良いでしょう。

問題としては、店舗の収益悪化で退店となる場合や、人員の問題により勤務地が移動となることもあるので、注意しましょう。

また、民間企業で近年、多いのが、大企業同士の経営統合で、合併比率が低い企業側のリスクもあるようです。